始まり。

明治の頃、鴨猟師であった初代石松が敷地に湧いた湧水のそばに商いを始める。

 

二代目により仕出しを始める。

 

三代目により会席の提供を始める。

 

当代により懐石の精神を持ち込む。